Pickles 2

GUI編集を使うための Pickles 2 の設定

Broccoli エディタ によるGUI編集機能を利用するために必要な、 Pickles 2 プロジェクト の設定について説明します。

プロジェクト共有設定(config.php) の設定

  • $conf->funcs->before_content に、プラグイン pickles2/px2-px2dthelper をロードします。
  • $conf->plugins->px2dt に、Pickles 2 アプリケーション の設定をセットします。
    • guiEngine : GUI編集時に使用するエンジンの名称を設定します。
    • paths_module_template : 連想配列で、モジュールセットのパスを設定します。
    • path_module_templates_dir : プロジェクト固有のモジュールセットを格納するディレクトリのパスを設定します。
    • contents_area_selector : コンテンツエリアであることを示すCSSセレクタを設定します。
    • contents_bowl_name_by : コンテンツエリアの名称が格納されている属性名を設定します。
    • guieditor->path_resource_dir : GUI編集で登録したリソースファイルを出力するディレクトリ。 $conf->path_files と同様の書式で設定します。
    • guieditor->path_data_dir : GUI編集でデータファイルを格納するディレクトリ。 $conf->path_files と同様の書式で設定します。
    • guieditor->custom_fields : GUI編集に組み込むモジュールに独自のフィールド定義を追加します。
  • $conf->funcs->processor->html に プラグイン pickles2/px2-remove-attr を設定します。
    • パブリッシュ時に contents_bowl_name_by に設定した属性を削除するように設定します。

以下に設定例を示します。

<?php
/**
 * config.php template
 */
return call_user_func( function(){

    // initialize

    /** コンフィグオブジェクト */
    $conf = new stdClass;

    // (中略)

    /**
     * funcs: Before content
     *
     * サイトマップ読み込みの後、コンテンツ実行の前に実行するプラグインを設定します。
     */
    $conf->funcs->before_content = array(

        // (中略)

        // PX=px2dthelper
        'tomk79\pickles2\px2dthelper\main::register'

        // (中略)

    );

    // (中略)

    $conf->funcs->processor->html = array(

        // 属性 data-contents-area を削除する
        'tomk79\pickles2\remove_attr\main::exec('.json_encode(array(
            "attrs"=>array(
                'data-contents-area',
            ) ,
        )).')' ,

    );

    // (中略)

    // -------- config for Plugins. --------
    // その他のプラグインに対する設定を行います。
    $conf->plugins = new stdClass;

    /** config for Pickles 2 Desktop Tool. */
    $conf->plugins->px2dt = new stdClass;

    /**
     * GUIエディタのエンジンの種類
     * - `legacy` = 旧GUI編集ツール。(廃止)
     * - `broccoli-html-editor` = NodeJSで実装された broccoli-html-editor を使用。
     * - `broccoli-html-editor-php` = PHPで実装された broccoli-html-editor を使用。
     */
    $conf->plugins->px2dt->guiEngine = 'broccoli-html-editor-php';

    /** broccoliモジュールセットの登録 */
    $conf->plugins->px2dt->paths_module_template = [
        "PlainHTMLElements" => "./vendor/pickles2/broccoli-module-plain-html-elements/modules/",
        "FESS" => "./vendor/pickles2/broccoli-module-fess/modules/",
    ];

    /** プロジェクト固有のbroccoliモジュールディレクトリ */
    $conf->plugins->px2dt->path_module_templates_dir = "./px-files/modules/";

    /** コンテンツエリアを識別するセレクタ(複数の要素がマッチしてもよい) */
    $conf->plugins->px2dt->contents_area_selector = '[data-contents-area]';

    /** コンテンツエリアのbowl名を指定する属性名 */
    $conf->plugins->px2dt->contents_bowl_name_by = 'data-contents-area';


    /** config for GUI Editor. */
    $conf->plugins->px2dt->guieditor = new stdClass;

    /** GUI編集データディレクトリ */
    $conf->plugins->px2dt->guieditor->path_data_dir = '{$dirname}/{$filename}_files/guieditor.ignore/';

    /** GUI編集リソース出力先ディレクトリ */
    $conf->plugins->px2dt->guieditor->path_resource_dir = '{$dirname}/{$filename}_files/resources/';

    /** broccoli-html-editor のフィールド拡張 */
    $conf->plugins->px2dt->guieditor->custom_fields = array(
        'projectCustom1'=>array(
            'backend'=>array(
                'require' => './px-files/broccoli-fields/projectCustom1/backend.js',
            ),
            'frontend'=>array(
                'file' => './px-files/broccoli-fields/projectCustom1/frontend.js',
                'function' => 'window.broccoliFieldProjectCustom1',
            ),
        ),
        'projectCustom2'=>array(
            'backend'=>array(
                'require' => './px-files/broccoli-fields/projectCustom2/backend.php',
                'class' => 'broccoliFieldProjectCustom2',
            ),
            'frontend'=>array(
                'dir' => './px-files/broccoli-fields/projectCustom2/',
                'file' => [
                    'frontend.js',
                ],
                'function' => 'window.broccoliFieldProjectCustom2',
            ),
        ),
    );

    return $conf;
} );

テーマの実装

  • コンテンツエリアを囲うラッパーが、 $conf->plugins->px2dt->contents_area_selector で設定したCSSセレクタでマッチするように実装します。
    • [data-contents-area] と設定した場合、 属性 data-contents-area を付与します。
  • コンテンツエリアを囲うラッパーに、 $conf->plugins->px2dt->contents_bowl_name_by に設定した属性名を与え、bowl名をセットします。
    • data-contents-area と設定した場合、 data-contents-area="(bowl名)" のようにします。

$theme->get_attr_bowl_name_by() は、 $conf->plugins->px2dt->contents_bowl_name_by の値を取得するメソッドです。

これを用いた実装例は下記の通りです。

<!DOCTYPE html>
<html>
    <head>
        <!-- 中略 -->

<!-- head は通常通り -->
<?= $px->bowl()->pull('head') ?>
    </head>
    <body>

        <!-- 中略 -->

        <!-- メインコンテンツ -->
        <div class="contents" <?= htmlspecialchars($theme->get_attr_bowl_name_by())?>="main">
<?= $px->bowl()->pull() ?>
        </div>


        <!-- カスタムコンテンツエリアを設ける場合 -->
        <div class="contents" <?= htmlspecialchars($theme->get_attr_bowl_name_by())?>="custom_bowl_name">
<?= $px->bowl()->pull('custom_bowl_name') ?>
        </div>


        <!-- 中略 -->

<!-- foot は通常通り -->
<?= $px->bowl()->pull('foot') ?>
    </body>
</html>