Pickles 2

コマンドラインオプション

コマンドから実行する基本

$ php ./.px_execute.php [-o type] [-u userAgent] [--command-php /path/to/php] [-c /path/to/php.ini] [path]

コマンドラインオプション一覧

-o
出力形式。-o json でJSON形式の出力を受けられる。
-u
HTTP_USER_AGENT。-u "Mozilla/5.0" で USER_AGENT を偽装することができる。 USER_AGENTが空白の場合、または文字列 PicklesCrawler を含む場合に、パブリッシュツールからのアクセスであるとみなされる。
--command-php
PHPコマンドのパスを指定する。主にパブリッシュ時に参照され、サブプロセスの実行に使用される。
-c
Pickles2 が発行する php コマンド($conf->commands->php に設定) に対して与える php.ini のパスを指定する。主にパブリッシュ時に参照され、サブプロセスの実行に使用される。

実行例

/abc/def.html を Mozilla/5.0 として処理し、JSON形式で取得する

$ php ./.px_execute.php -o json -u "Mozilla/5.0" /abc/def.html

/abc/def.html をパブリッシュした結果を、JSON形式で取得する

$ php ./.px_execute.php -o json -u "PicklesCrawler" /abc/def.html

パブリッシュコマンドを実行する (PXコマンド)

$ php ./.px_execute.php /?PX=publish.run

Pickles 2 の内部キャッシュを削除する (PXコマンド)

$ php ./.px_execute.php /?PX=clearcache